よくあるご質問

テキストについて

質問対応について

合格保証制度について

配信予定について

私立医学部受験とその合格法について

映像授業について

入会について

料金について

教材内容に関してのご質問

テキストについて

Q.「板書不要」とはどういうことですか。

A.授業の板書内容がほぼそのままテキストか解説にあるので、授業中の板書をとる必要がないということです。せいぜいテキストか解説に書き込む程度でしょう。一番重要な「授業に聞くこと」に全集中できます。

Q.解説付きのテキストがあるということですが、それらは別売りですか。

A.いいえ。無料です。PDF形式のテキスト・解説を無料でダウンロードしてご利用いただけます。

Q.問題集を別に購入する必要はありますか。

A.ございません。テキストには十分な量の練習問題が付いていますし、それらの解説も市販の問題集と比べてもトップレベルで詳しいです。テキストは「私立医学部対策問題集」も兼ねておりますので、それ以外の問題をやる必要はまずないでしょう。

Q.テキストに随分自信を持っているようですが、それはどんな内容ですか。

A.はやぶさのテキストは次のような特徴を持つ「私立医学部専用教科書」です。

・過去問研究と基礎学力の確立を両立する業界最高峰の私立医学部受験専用テキスト。

2005年以降の全私立医学部の全過去問を徹底的に研究し項目別難易度別に再編集し完全収録。直近10年分全問収録.各教科を基本から応用まで私立医学部の過去問で学習可能。

・内容的に重複している問題ももれなく収録。どの分野がどのようにどのくらいの頻度で問われているか一目瞭然。

・ほぼ全問に詳しい解答解説付き。私立医学部の過去問で類題練習可能。市販の問題集ではほとんど載っていないような私立医学部特有の問題でも類題練習が可能。

 

このように「私立医学部問題辞典」とも言うべき内容なので、指導者がいて初めて効果を発揮する「プロ用テキスト」です(私立医学部を専門とするプロ講師から「譲って欲しい」と言われるほどの内容です)。量があまりに膨大なので、映像授業では、効果が変わらないように問題数を厳選した「オンライン専用テキスト」を使います。このテキストを使うことにより、基礎学力養成から実力養成までの全過程を私立医学部の過去問で行うので、自然と私立医学部の問題を解く頭になっていきます。

質問対応について

Q.質問対応はありますか。

A.ございます。質問の対象は「はやぶさテキスト」に限定させて頂きますが、医学部合格には量も質も「はやぶさテキスト」だけで十分なので、全く問題ないでしょう。もちろん「どのように勉強すればよいか」とか「成績が伸びないのだけれど、どうすればよいか」のような勉強法に関する質問、相談でも大丈夫です。

Q.質問対応は別料金ですか。

A.いいえ。1カ月(30日間)あたりの授業料5800円に含まれます。

Q.どのように質問に答えてもらえますか。

A.ウェブ会議ソフトzoomでご対応いたします。したがってお使いのパソコンやスマートフォンにzoomをインストールして頂く必要がございます。

必要があれば板書するなどできる限り分かりやすいようにお答えしたいと思います。

Q1日に何回質問できますか。

A.何回でも結構です。質問回数に制限はございませんが、先着順にご対応いたしておりますので、質問が集中した場合はご質問を頂いたその日にお答えできない場合がございますことをご了承下さい。質問受付時間は9時30分から20時までとなっております。20時を超えると翌日扱いになります。また、基本的に火曜日、水曜日の質問対応はお休みさせて頂いております。

Q.どのように質問すればいいですか。

A.回答時間が110分程度以内になるように予め質問内容をメールでお知らせ頂いております。同時に、ご対応可能な時間帯を「午後7時から午後8時」のようにご指定頂いております。こちらから改めて回答時刻をその時間帯に合わせて「午後730分にご回答可能です」のようにメールでご返信し、その時刻にzoomでご対応するという形になります。なお、ご質問をお受けするメールのアドレスは、会員登録をお済み頂いた後お送りする本ユーザーIDと本パスワードと同時にお伝えいたしております。

Q.質問に答えてくれるのは、授業を担当している講師ですか。

A.授業担当講師もご質問にお答えいたしますが、それ以外の講師の場合もございます。いずれにせよ、お答えするのは私立医学部に精通したプロ講師だけなので、どの講師にあたっても同じ効果が得られるでしょう。学生講師はおりません。

合格保証制度について

Q.合格保証制度とはどのような内容ですか。

A.合格保証制度とは、合計6カ月間以上授業をお取り頂いた方が、医学部受験に失敗しもう一年受験を継続される場合、無料で新年度の動画のご視聴、テキスト、解説のダウンロードがご利用頂ける制度です。ただし質問対応はご利用頂けないのでご注意下さい。質問対応をご希望の場合は1ヶ月(30日間)4800円で承っております。

配信予定について

Q.配信予定について教えて下さい。

今年度は化学のみの開講となりますので、配信授業は化学のみということになります。大変申し訳ございません。

したがって以下は「化学」の配信予定ということになります。

「私立医学部化学で最も効率的に合格点をとる」という観点から授業を進めて参ります。そのために受験までの一年を上、下、直前の3つに分けます。それぞれの期間の目標は

上:3月~10月

各分野のつながりを重視し、知識の使い方を知る期間です。ただしこの期間で扱う問題だけでも「うまくいけば」合格点をとれるレベルです。所々穴はありますが、一応全分野を修了いたします。
飛ばしても差し支えない分野は「下」にまわし、化学全体を把握することを優先いたします。

下:11月~12月

「上」で飛ばした分野、問題をやります。総合問題、やや難レベルの問題を積極的に扱い「失敗しても」合格点がとれる力を養います。

直前 :12月~2月

私立医学部特有な「細かめな知識問題」の総まとめを行います。単なる知識の丸暗記ではなく、各分野のつながりを重視して、私立医学部の知識問題の過去問を解きまくるので、入試化学全体が有機的につながり、それがあたかも目の前に並べられいつでもその知識が取り出せるような状態になります。

また、私立医学部各大学別の予想問題の演習もいたします。「予想問題」と言っても、「上下」「知識の総まとめ」でどの大学でも合格点以上をとれる問題は解いているので、その復習が主になります(新しい問題も何題かあるかもしれませんが)。つまり「今年のこの大学はこのあたりの問題の出題が予想されるからよく復習しておいてね」という内容です。

以上をもとに授業を、3/13(土)から毎週土曜日の午前9:00に次のように配信する予定です。

3月

化学計算の基礎(モル計算)、原子、化学結合①

4月

化学結合②、結晶格子、熱化学、酸塩基①

5月

酸塩基②、酸化還元反応、電池、電気分解

6月

無機化学

7月

有機化学

8月

反応速度、化学平衡

9月

物質の状態

10月

高分子


下:11月~12月

「上」で飛ばした分野、総合問題、やや難問題


直前:12月~2月

私立医学部特有な細かめな知識問題の総まとめ

各大学別予想問題

私立医学部受験とその合格法について

Q.偏差値70の人でも私立医学部の一次試験にさえ合格しない人がいると聞きました。偏差値60未満の人は医学部を諦めた方がいいのでしょうか。

A.諦める必要は全くありません。確かに偏差値70を超えている人が私立医学部の一次合格さえできないことはよくあることです。その原因の多くは基礎力と過去問研究の欠如です(偏差値70の人でも基礎があやふやな人が結構います)。よってそれらをしっかりたたき込めば,一般的な模試で偏差値60の人でも2次試験まで合格できます。

Q.私立医学部合格に必要なことを具体的に教えて下さい。

A.基礎力,過去問研究,実戦練習です。私立医学部合格には(私立医学部に限りませんが),どの教科であっても一番必要なのは基礎力です。基礎力がないと,砂の上に家を建てるようなもので何をしても無意味だからです。次に必要なのが過去問研究です。大学により多少の差はありますが,一般的に私立医学部は特有なクセがあり,過去問と似たよう問題が出題されることが本当によくあります。極端な例ですが,2019年度の金沢医大の後期試験の英語では,2018年度の後期試験の問題がほぼそのまま出題されました(試験後問題になり全員満点扱いになってしまいましたが)。また「こんな難しいこと初めて聞いたよ」と思っても過去に何度も問われていることだったということもよくあることです。よって,過去問研究により「クセ」に慣れてよく問われることをしっかり把握しておくことが合格を確実なものにするには必要不可欠なのです。次に必要なのが実戦練習です。一般的に私立医学部はどの大学も試験時間が短いので,短時間で効率的に得点していく練習をしたかどうかでも合否は大きく変わります。

Q.過去問研究が非常に大切だということは分かりましたが,何年分やればいいですか。

A.基本的に10年分です。それを全受験校についてやるべきですが,傾向を踏まえれば4校で大丈夫でしょう。しかしその4校でも受験生が10年分の過去問研究をするのは時間的にも労力的にもかなり大変です(現役生ならまず不可能です)。そこではやぶさでは,基礎学力養成と過去問研究を同時に行えるよう,基本事項を説明したらそれの練習問題は全て私立医学部の過去問で行います。基礎学力養成から私立医学部の過去問で行うことにより自然と私立医学部の問題を解く頭になっているのです。

Q.基本事項を説明した後にいきなり私立医学部の過去問を解くのは無謀だと思うのですが。

A.確かに入試問題の大問をそのまま解くのでは,解法を覚えるだけで応用力がつかない勉強法となってしまい合格からは遠ざかってしまいます。しかし私立医学部の入試問題は難しいものばかりではありません。ほとんどが,教科書レベルの基礎的な問題と教科書傍用問題集レベルの問題が複雑にそして特徴的に混ざり合って構成されています。したがって特徴ある私立医学部の入試問題であっても,徹底的に解剖解体して基礎事項,難易度ごとに分類すれば,私立医学部特有のクセを残しながら基礎学力養成用の問題として大いに機能するのです。つまり「自然と私立医学部の問題を解く頭」になっていくのです。

Q.知り合いから「はやぶさのテキストは最高だから」とはやぶさを薦められました。はやぶさのテキストとはどのような内容ですか。

A.はやぶさのテキストは、次のような特徴を持つ「私立医学部専用教科書」で、私立医学部を専門とするプロ講師から「譲って欲しい」と言われるほどの内容です。

・過去問研究と基礎学力の確立を両立する業界最高峰の私立医学部受験専用テキスト。

・2005年以降の全私立医学部の全過去問を徹底的に研究し、そのうち直近10年分の過去問を項目別難易度別に再編集し完全収録。各教科を基本から応用まで私立医学部の過去問で学習可能。

・内容的に重複している問題ももれなく収録。どの分野がどのようにどのくらいの頻度で問われているか一目瞭然。

・ほぼ全問に詳しい解答解説付き。私立医学部の過去問で類題練習可能。市販の問題集ではほとんど載っていないような私立医学部特有の問題でも類題練習が可能。

このように「私立医学部問題辞典」とも言うべきもので、指導者がいて初めて効果を発揮する「プロ用テキスト」です。したがって下の写真にあるように量が膨大なので、映像授業では効果が変わらないように問題数を厳選した「オンライン専用テキスト」を使います。このテキストを使うことにより、基礎学力確立から実力養成までの全過程を私立医学部の過去問で行うので、自然と私立医学部の問題を解く頭になっていきます。

英語テキスト

数学テキスト

化学テキスト

物理テキスト

映像授業について

Q.はやぶさの映像授業の特徴を教えて下さい。

A.一番の特徴は私立医学部に合格するために必要なことを最短距離で身につけられるようになっていることです。ここまで私立医学部合格に特化した映像授業はまずないでしょう。「私立医学部ではこれを押さえておけばいいのか」「こんなことが何度も聞かれるのか」など,通常の授業や市販の問題集ではなかなか言及されない内容に目から鱗が落ちる体験をすることになるでしょう。ただし私立医学部の過去問をただ解くだけの授業ではありません。全私立医学部の2005年以降の全問を精査研究し、私立医学部の過去問で基礎力確立から応用力養成まで行えるように徹底的に編集した「はやぶさテキスト」をもとにしているので、基礎固めと過去問研究を同時に行えます。更に、授業内容がテキストまたは解説に載っているのでノートをとる必要がなく「聞くこと」だけに全集中できます。私立医学部受験としては究極的に無駄がない授業となっております。

また映像授業の特徴を生かして通常のライブ授業ではできない分かりやすさも実現しています。

はやぶさの授業は、基礎固めから私立医学部入試に直結しているので,模試でE判定しか取れなくても入試本番では合格点が取れるのです。

Q.1つの映像授業の時間はどのくらいですか?

A.基本的に15分以内です。ただし内容によっては20分程度のものもあります。また小問が多かったり重厚な問題になるとどうしても一題を解説するのに30分、40分かかるものも出てきてしまいます。そのような場合は、1つの動画が15分以内になるように授業を区切りのいい所で分割しています。空き時間を利用していつでもどこでも私立医学部の傾向に合致した勉強ができます。

入会について

Q.入会方法を教えて下さい。

A.  授業料のページに進んで頂き、受講されたい教科(今年度は化学のみとなります)を押して頂きますと、ご購入ページに進みます。ご購入ページにある「月額定額プラン登録」の「会員登録する」というボタンを押して頂くと授業料をお支払い頂く流れになります。お支払いが完了いたしますと、会員登録時のメールアドレスに、仮ユーザーIDと仮パスワードが届きます。このユーザーIDとパスワードで、「はやぶさ」のホームページの最初の画面の右上にある「会員サイト」から入って頂くと全てのサービスをご利用頂けます。後ほど本ユーザーIDと本パスワードをお送りいたしますので、それ以降は本ユーザーIDと本パスワードでログインして下さい。なお、授業料のお支払いのときに授業料5800円の他に「システム利用料」として100円が加算されることをご了承下さい。

Q.入会時期は決まっていますか?

A.決まっていません。いつでもご入会可能です。

Q.授業料が30日間で5800円とのことですが、授業料を支払ったその日が30日間の1日目ということですか?

A.いいえ、違います。お支払い頂いた日の次の日を1日目とさせて頂いております。例えば、3月13日にご購入された場合、何時にご購入されても、30日間の1日目とカウントされるのは翌日の3月14日からです。

Q.退会するにはどうすればよいですか?

ご入会時にご登録頂いたページから簡単に退会できます。「登録情報」に進んで頂き「登録している月額定額プラン」を解約して頂くだけです。ただしお支払い頂いた月の授業料5800円は、その月にご解約されても返金はされないのでご注意下さい。

料金について

Q.授業料を教えて下さい。

A.見放題、テキスト・解説付き、質問対応付きで1教科1ヶ月(30日間)5800円です。

なお2021年度は化学のみの開講となります。大変申し訳ございません。

Q.2教科以上の購入ができないのですが。

A.大変申し訳ございませんが、2021年度は化学のみの開講となっておりますのでご購入可能な教科は化学1教科だけとなります。大変申し訳ございません。

Q.授業料5800円を支払った後に退会した場合、日割り計算などで返金されますか?

A.大変申し訳ございませんが、返金は行っておりません。ご了承下さい。

教材内容に関してのご質問

Q.動画は何度も見られますか?

A.ご選択された教科の動画ならどの動画でも、期間内は見放題です。

Q.動画の倍速再生で学習することはできますか?

A.できます。2倍速まで可能です。