私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ
医学部専門予備校はやぶさへの資料請求 医学部専門予備校はやぶさへのお問合せ 医学部専門予備校はやぶさの講師募集 医学部専門予備校はやぶさのサイトマップ
私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ 私立医学部専門予備校はやぶさ

はやぶさの講師陣 英語


はやぶさの講師陣 数学

泉 暁
慶應義塾大学院社会学研究科博士課程単位取得


私の授業ではまず0から全てを体系的に理解できるよう説明していきます。理解しづらい点などは徹底的に質問に答えます。そしてその項目を、入試において必要な「時間内に正確に解く」ことを念頭におきつつ反復演習し、着実にマスターできるように指導し、ただ「英語が読める」だけでなく「問題の見抜き方」そして「的確な解法」を身につけ実際の得点力に結びつけていきます。また、多様な医学部入試において、それぞれの学校の「傾向と対策」も説明します。 良い医師になるには英語は欠かすことはできません。私は「英語」で点が取れるだけでなく、この「はやぶさ」で学ぶことを通して皆さんには「医師の志」を抱いてほしいと思います。みなさんには良い医師になってもらいたいという強い思いを持って、重要な「英語」を必ず得意にすること。それが私の使命です!


私立医学部専門予備校はやぶさ

岡田 貴美
慶應義塾大学文学部人間関係学科卒


英語は、日本語と異なり、文構造、文章構成が明確で形式がパターン化している言語です。英語を得意科目とするには、その「型」を把握する必要があります。医学部受験では、難しい内容が聞かれるのではなく、英語の基礎を本当に理解しているのかが重視されるので、曖昧なうろ覚えの知識は通用しません。 私の授業では、生徒の皆さんが本当に理解しているのか反復練習を行うことで確認し、丁寧に指導を進めてまいります。また、「はやぶさ」では各講師間で英語指導方針が一貫しているので、各講師で授業の教え方が違い混乱する心配は一切不要です。集団授業とはいえ、生徒それぞれの学力に合わせたカリキュラムを各講師と相談し連携しながら作成することが、他の塾にはない大きな強みです。 「はやぶさ」で、英語を得意科目にしましょう。





私立医学部専門予備校はやぶさ

杉下 文子
慶応義塾大学社会学研究科博士課程教育学専攻


受験勉強は、時間と体力という制限のなか、志望大学の求める力を相応しいかたちで発揮できることを目指す厳しい試練です。考えてみれば徹底した自己管理と合理的判断は医療者に求められる資質ですから、今ここでの勉強もすでにみなさんの医者としての修行の第一歩なのですね。修行項目の一つ英語では、文法・語法、語彙そして読解・表現力が、論理的思考力や知識量、コミュニケーション能力の指標として試されます。どんな難問とて基礎的な知識や技術の積み重ねで対処できることは他の教科と同じです。 ここは急がば回れMake haste slowlyの精神でしっかりゆっくり励んで行きましょう。





私立医学部専門予備校はやぶさ

高橋 伸和
上智大学外国部学部ロシア語学科卒 / 早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了


無駄をなくして効率的に学習すること — これは誰もが抱く理想です。語学においてこれを実践するには、前提として、基本となる理論的枠組みを理解し、その枠組みに則った正確な分析ができるようになる必要があります。たとえば皆さんは、英文法の土台である基本4品詞の働きの違いを人にきちんと説明できるでしょうか。こうした部分を曖昧なまま放置せず、分析能力を育んでください。知識を効率的に整理したり着実に運用する力は、その後からついてくるものです。






はやぶさの講師陣 数学


私立医学部専門予備校はやぶさ

小原 裕樹
東京理科大学大学院科学教育研究科(数学コース)修士課程修了


問題集を繰り返し解いているのに成績が思うように伸びない。そのような経験をしたことがある人は多いと思います。その原因の一つとして考えられることは、内容を理解しないまま解法を覚えていることが挙げられます。受験数学では定石を覚えることは必要ですが、そのためには、定義や定理、公式の意味を理解し使えるようにすることが大切です。大学入試で出題される数学は中学校から高校までに学習する内容を理解していることを前提に作られています。入試問題の多くは、教科書の章末に出題されている問題やそれらを融合させたものです。分野ごとの内容を単元学習として捉えるのではなく、体系的に捉えられるように学習していくことが必要です。その上で、演習を行い自信をつけて下さい。授業を通じて一つ一つの基本を積み上げていき、自信をもって入試に臨めるよう指導していきます。


私立医学部専門予備校はやぶさ

竹島 稔
金沢大学工学部卒


数学の問題を解く行為は、問題文を理解し、定義・公式・定理の引き出しからその問題に最適のものを選び、さらに組み合わせ、適用することです。入試の多くはパターン化された世界ですから、"定石"が活きてきます。この"定石"をできるだけお伝えします。 「覚えておくべきものは、理解して覚える」"理解する"ことで応用も効きます。あとは皆さんが練習によってスキルを上げていくだけです。 私の方は、数学の面白味も伝えられるように努力します。一緒にがんばりましょう。









私立医学部専門予備校はやぶさ

佐々木 徹
大阪大学大学院工学研究科修士課程修了 / 早稲田大学大学院法務研究科修了(法務博士)


多くの医学部受験生の数学をみてきて共通して言える点①普段の学習で、難解な問題や高度な問題に気をとられすぎ驚くほど基礎的な部分がごっそり抜けている(学習全体の空洞化)。例えば、数ⅢCの複雑な証明問題はできるが、数ⅠAの基本的な問題ができない。②公式や計算に頼りすぎ(途中計算の複雑化)。例えば、図やグラフを丁寧に書けば、一目瞭然に解けるのに、わざわざ複雑な解法を持ち出して袋小路に陥り時間をロス。③問題文をよく読まず、自分の思いこみだけで解き進む。出てきた解答の検算を怠る。途中で行き詰まっても、解法のアプローチを変えて他の解法を試みない(問題文読解の粗雑化)。例えば、簡単な問題ほど、以前の自分の記憶パターンに依存しすぎて、微妙な違いを見落とす。気持が緩むのか計算間違いを誘発する。以上にあげたような点は、長年の学習過程で染みついていて、簡単には払拭できません。日々の学習で一問一問を解く際、漫然と解かずに自らに言い聞かせましょう。高校生・高卒生だけでなく再受験や社会人の方も、上記を意識すれば限られた時間で効果的に学習することが可能です。是非心がけて下さい。



私立医学部専門予備校はやぶさ

深水 憩
東京理科大学理学部数学科卒


受験生の中には、これをやれば受かるといった十分条件ばかりに気を取られて必要条件をおろそかにしてしまうものが少なくありません。たしかに、十分条件は合格を約束するものですから安心します。しかし、今一度合格するには少なくとも何をやらなければならないのかといった必要条件でまだ満たしていないものがないか確認してみましょう。医学部の入試問題といえど難問ばかりがでるわけではなく標準的な問題が大半を占めています。一年間全力でサポートします。




はやぶさの講師陣 化学


私立医学部専門予備校はやぶさ

相沢 一輝
上智大学理工学部化学科卒


私の授業の目標は、皆さんがあらゆる入学試験で8割以上の点数をとり、かつ大学で学ぶことに滑らかに連結できる知見を得ることです。そのための私の授業の方針は、  ①「知識の使い方」を身に付ける。つまり、天下り的に覚える知識は最小限にし、その最小限の知識   を駆使することによって、なるべく根本から、「因果律」として化学現象を理解する  ②計算問題においては、①で得た化学現象のイメージを基礎にして、入試の基本レベルから最高レベル  までの問題を解く首尾一貫した解法、その発想の仕方を示す ことになります。そして①・②を実現するために常に授業で意識していることは、  ・質問の時間をこまめにとり、どんな基本的な質問にも丁寧に答える  ・難解な概念は,比喩・擬人化・図示化を駆使し実感として理解できるようにする  ・必要ならば高校の履修範囲にこだわらない  ・根本から説明しようとする余り、無駄に難解な概念は導入しない です。 私の授業は、思考停止した丸暗記を排除し、「腑に落ちる」化学を皆さんに提示します。ぜひ「腑に落ちる」感覚を味わって下さい。



私立医学部専門予備校はやぶさ

福田 徹
東京電機大学大学院工学研究科修士課程物質工学専攻修了


人生の中で、最も勉強した一年にしよう。結果を考えるよりも、前に進もう。その一歩が不安を解消してくれます。そして、悔いの残らないようにやれることは何でもやろう。貪欲に取り組もう。必ず結果はついてきます。勉強方法など悩んだときにはいつでも相談して下さい。また、授業では気軽に質問ができる環境をつくります。受験は暗記だけでは対応できません。考える力が必要です。日頃から、問題文をしっかり読むこと、計算ミスをしないこと、自己管理を怠らないこと、目標をもつことを意識してほしい。この一年で合格することだけを考え前に進んで下さい。


私立医学部専門予備校はやぶさ

安楽 雅如
東京理科大学薬学部薬学専攻課修士課程卒


受験で合格を勝ち取るための実力を身に付けるには、まず基本的な知識を覚えていかなければなりません。これ無しに小手先の解法を行っても、どこかで行き詰って、又元に戻らなければならず、本当の実力は付きません。次のステップとして、覚えた知識をどのように使って行くかを常に考えて問題を解いて下さい。そうすることにより、たとえ知らない問題であっても、正解まで辿り着けるようになって行きます。そうなれば合格はほぼ手中に収めたものに成りますので、そこの域に達するように頑張って下さい。



はやぶさの講師陣 生物


私立医学部専門予備校はやぶさ

網谷 太一郎
早稲田大学教育学理学科生物学専修卒


生物で出題される生命現象や研究内容には話の流れがあり、その中のどこか一部を抜いて問う形で入試問題が作成されています。 授業ではまず、各生命現象及びキーワードを説明します。さらに何度も知識の定着を確認して思い出させながら、キーワードが問題文中でどのように問われているかをすばやく判断して内容を理解し、正解を導く方法を繰り返しトレーニングしていきます。



私立医学部専門予備校はやぶさ

東海林 薫
東京大学大学院理学系研究科博士課程単位取得


勉強方法は一生もの。自分に合った勉強方法を見つけ出すことは、大学入学以降も効率的に勉強していくには欠かせないことです。「苦手科目がある」のは、その科目に対する勉強方法そのものが確立できていないことが原因であることもよくあります。 受験を通じて、一生ものの学習方法を具体的に身につけ、成績を最大限に伸ばし、合格というゴールに到達できるように、丁寧にサポートさせて頂いています。共に頑張りましょう!



私立医学部専門予備校はやぶさ

橋本 充康
東京農工大学大学院


生物の勉強は、生命現象の暗記でこと足りると思い込んでいる受験生が少なくありません。生物の勉強を始めたばかりの人はそう思っても仕方のない部分があります。それは生物学の間口が広く、ある程度の暗記を主体とした勉強でも、ある程度の点数が取れるからです。 しかし、間口が広く、奥行きはさらに深いのが生物なのです。その証拠に世界中で天才と言われている人達が夜も寝ずに研究を続けることで新発見が続々なされています。受験で必要な生物の知識も、これらの新しい知識の理解と応用なくしては解答するどころか、問題文の意味さえ理解できなくなっています。しかも各問題のリード文の長さときたら国語の問題のようです。ですから、単なる暗記で取れる点数では受験においては合格点をとることは難しいのです。単に生命現象の暗記に止まらず、その理解と暗記や推論したことを元にして考えていく事が必要となります。数学や物理のように公式があるわけではありません。リード文を元に自分で考え答えを導き出すことが必要となります。 どうかみなさん、考える生物を身につけてください。



はやぶさの講師陣 物理


私立医学部専門予備校はやぶさ

相沢 一輝
上智大学理工学部化学科卒


私は物理が大の苦手でした。その原因の第一は、勉強不足というよりはそのアプローチの仕方でした。物理とは「考えて解く教科」と思って勉強していたのです。物理は実技教科です。スポーツと同じです。 物理の勉強法はまさに「考えるな。肌でつかめ!」。これです。 私はこの言葉の意味を理解してから飛躍的に物理ができるようになりました。大げさかもしれませんが、世界の見方が変わりました。皆さんにも同じ体験をしてもらえるよう授業を行います。劇的に変わるはずです。



私立医学部専門予備校はやぶさの講師陣を紹介!


私立医学部専門予備校はやぶさ

岡田 貴美
慶應義塾大学文学部人間関係学科卒


ほとんどの医学部では、2次試験で小論文や面接が課され、その倍率も高く、激戦状態にあるというのが現状です。これは大学側が、学力だけでなく、その学生が医師としての資質や能力を持っているかをしっかりと見極めるためです。ところが、学生の多くは、一次試験を突破しないと受験できない二次試験に対して、イメージを抱きにくく、対策が遅れがちになる傾向にあります。はやぶさの小論文では、大学側の期待に応える人材を育てると共に、2次試験に対する学生の意識を高めるために、以下のような授業を実施しています。

・大学によって課題の出され方はいくつかパターンがあります。傾向に合わせた小論文の書き方のパターンをそれぞれ伝授し、習得してもらいます。

・模範解答や合格答案を配り、自分が書いた小論文との距離を体感させることで、モチベーションをあげてもらいます。

・医療テーマについての知識を学ぶことはもちろん、哲学や法律学など他分野との関連を重視することで、テーマのより深い理解を目指します。

・近年、個人面接だけでなく、グループディスカッションも実施されています。そこで、授業で学んだテーマについて、グループディスカッションを通してアウトプットさせます。

 難関の医学部受験で合格を勝ち取るためには、「実際に医師になっているイメージをいかに強く持っているか」つまり医師になりたいという熱意が、何よりも大切です。小論文を勉強することで、自己の目指す医師像が明確となり、合格後の自分を想像しやすくなるので、日々の勉強のモチベーションも上がります。また、考えを言語化する過程で、自分の中にある無限の可能性にも少しずつ気がつくようになり、自然と自信が芽生えてきます。これまでの経験を一緒にひもときながら内省を深めていきますので、「自分の考えがわからない!」という方も安心して受講して欲しいと思います。せっかく一次試験で合格しても二次試験で落ちてしまっては医師にはなれません。はやぶさの小論文指導で、しっかり対策を練り、難関の二次試験を突破しましょう。


私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ
〒150-0005 東京都渋谷区渋谷1-19-8 岡田ビル
TEL: 03-6427-6266 FAX: 03-6427-6277
eMail: info@hayabusa-med.org
Copyright 2016 HAYABUSA All Rights Reserved.
私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ
私立医学部専門予備校はやぶさ